畜産のために屋内で草を育てるにはどうすればよいですか?

How to Grow Grass Indoors for Livestock Farming

重要な生態系として、草原における草の生産レベルは、草原の生態系と牧畜民の変化を直接決定します。’ 生計。

しかし、伝統的な草の生育技術と自然条件の制限により、中国北部、さらには世界各国にも多くの草原地帯が存在しており、その変化は多様です。 草不足の程度

入手可能な飼料が限られているため、草食動物の草に対する基本的な要件を満たすには十分ではありません。その結果、さまざまなレベルの草原生態系の衰退が生じ、地域の畜産の進歩が大きく妨げられています。

幸いなことに、次のような最先端のテクノロジーがあります。 LEDグローライト植栽 そして 商業用飼料システム これにより草の生産量が大幅に増加し、飼料の生産量が増加します。このソリューションは、草地地域における飼料不足と生態系劣化の問題に効果的に対処します。

さらに、草原の気候変動への適応能力を向上させ、草原の生態環境と遊牧民の生活を保護するための技術支援を提供します。

この記事では、LEDプラントライト芝生植栽の背後にあるテクノロジーを徹底的に分析します。私たちは技術原則を詳しく掘り下げ、中国新疆のアクス地域における草の供給が直面している課題について議論します。この重要なトピックをより深く理解するために読み続けてください。

草原を助けるために私たちにできること

アクス地域の牧草供給の現状と課題

中国の新疆ウイグル自治区アクス地域は広大な牧草地を誇るが、干ばつと少雨のせいで草の生育は著しく制限されている。

畜産業の発展による家畜の数の急激な増加により、この地域ですでに不足している草の供給に多大な圧力が生じています。

アクス地域における牧草供給の現状と直面する主な問題は以下の通りである。

  1. 草の収量は少ない。 アクス地域は 5 億 3,000 万ムーの草原を誇りますが、乾燥と雨の多い気候のため、年間平均収量は 1 ムー当たり約 3 kg に過ぎず、成長も限られています。
  1. 家畜数の急速な増加。 2018年、アクス地域の家畜人口は1,068万頭の羊と206万頭の牛でした。過去 10 年間で、羊の数は 33% 増加し、牛の数は 23% 増加しました。

この家畜の増加により、飼料の需要が大幅に増加しています。

  1. 草原はさまざまな程度の過負荷に直面しています。 現在、アクス地域の牧草地の約 80% がさまざまな程度の過負荷状態にあり、33% が軽度の牧草地の劣化を経験しており、これは牧草の生産と品質に直接影響を及ぼします。
  1. 年間の牧草生産量は大きく変動します。 アクス地域では牧草生産量に大きな変動があり、2015年には22%減少し、2017年にはさらに27%減少しました。その結果、外部からの牧草の購入に頼らずに家畜の需要を満たすことは不可能です。
  1. その他の問題。 アクス地域の草の生産は、草原植生の被覆が不十分であり、人工的な播種と改善の取り組みが限られているため、影響を受けています。

アクス地域が草の生産量の減少と家畜の高い需要という重大な問題に直面していることがわかります。この障害が畜産業の発展を妨げています。既存の草原資源と伝統的な放牧方法だけに依存するだけでは、需要と供給の必要なバランスを達成するには不十分です。

飼料生産量を増やし、草原の生産可能性を刺激し、より多くの安定した牧草生産量をもたらすためには、新しい技術と方法を採用することが不可欠です。

室内で草を育てる
写真提供者: Auxgrow

グローライトで草を育てることはできますか?

グラスランドライトと呼ばれるLED植物育成ライトは、牧草の成長を促進し、草原の品質と収量を向上させることができます。これらは屋内で植物を栽培するための現代的で革新的な方法であり、農家や牧場主に新たな希望を与えます。

これらのライトは自然太陽光に頼るのではなく、人工光を使用して正確な屋内植栽を実現します。この技術を利用すれば、従来の農業のように自然条件に制限されることなく、一年中作物を生産することができます。

LED 植物ライトには、長い肥沃サイクル、高い播種効率、高い安定した草の生産など、多くの利点があります。さらに、幅広い種子の選択が可能になり、高品質の作物を生産できます。

これはアクス地域で飼料を生産する新しい方法であり、現在の需要と供給の不均衡に対処するのに役立ちます。この方法を推進することは、飼料産業に大きな影響を与え、改善を促進する可能性があります。

  1. LED は赤色と青色の光を発し、光合成と草の成長を促進します。

植物の成長には、LED 植物ライトによって提供される青色や赤色の光など、特定の種類の光が必要です。青色の光はクロロフィルの形成と光合成を助け、赤色の光は細胞分裂と植物全体の成長を助けます。

これらの光は光合成プロセスを強化し、成長と発育を加速することにより、植物の収量を向上させることができます。

  1. 必要に応じて点灯時間を調整し、柔軟な成長管理を実現します。

LED植物ライトを使用すると、成長段階に基づいて草が受け取る光の量を簡単に調整できます。最適な結果を得るには、種子発芽時の照明時間を長くし、生育期間中の過剰な光を避けてください。

さらに、日照時間を延長して成長サイクルを長くし、より多くの光合成を促進し、バイオマスの蓄積と収量を高めることができます。

  1. 緻密な制御で最高の住環境を創造します。

LED植物ライト植栽装置を使用すると、光、温度、湿度、その他の肥沃な条件を完全に制御できます。

これにより、草の成長に最適な環境が確保され、効率と生産性が大幅に向上します。その結果、単位面積当たりの収量の向上が期待できます。

  1. 芝生を効率的に植栽し、単位面積あたりの収量を高めます。

これらの植物育成ライトは、高いエネルギー変換効率と短い肥沃サイクルを実現し、単位面積あたりより多くの草を生産することができます。

  1. 増大するコストを節約し、資源の無駄を削減します。

LED 技術を使用した芝生の植栽は、垂直植栽システムによる限られたスペースを使用して、より高い収量につながる費用対効果の高い方法です。

この方法により、草の植栽が強化され、コストが削減され、資源の無駄が最小限に抑えられ、最終的に収量が増加します。

室内で草を育てる方法
中国新疆ウイグル自治区におけるAuxgrowの屋内芝生栽培プロジェクト

室内で草を育てるには?

家畜用の牧草を安定的に供給するために、LEDプラントライト牧草技術が活用されています。

この技術には、適切な LED スペクトルの選択、照明器具の位置と照明レベルの制御が含まれ、最適な生育条件を作り出します。

これを温度と湿度の管理および肥沃度の管理と組み合わせることで、農家は牧草生産の可能性を最大限に高め、より高い収量を達成することができます。これらの技術ガイドラインに従うことは、芝生の植栽を成功させるために非常に重要です。

LED スペクトルを考慮する

芝生の成長に LED 照明を選択する場合は、次の点を考慮することが重要です。 青と赤の光の組み合わせ

青色光はクロロフィルの生成と光合成を助け、赤色光は細胞分裂と植物の成長をサポートします。

光合成に最適なスペクトルは、この 2 つの組み合わせによって実現でき、青色光には 440 ~ 460nm、赤色光には 620 ~ 630nm の波長が推奨されています。

適切な光レベルを決定する

草の成長を最適にするには、適切な光レベルを決定することが重要です。

50W/m2 を超えると実際に成長が阻害され、収量が低下する可能性があるため、通常は 20 ~ 40W/m2 の光レベルが適切です。

特定の草の種類と成長段階に基づいて光レベルを調整します。 – たとえば、発芽中は 30 ~ 35W/m2 に増加し、開花中は 25 ~ 30W/m2 に減少します。

適切な照明設置場所

LED 植物育成ライトを設置する場合、次のことが重要です。 適切な位置と高さを選択してください

最良の結果を得るには、芝生の表面から 1 ~ 1.5 メートルの高さに照明器具を設置します。

高すぎると光量が低下し、低すぎると光ムラが生じます。各照明器具は 1 ~ 3 平方メートルの面積をカバーする必要があります。

定期的な水やりと肥料

屋内の芝生は水やりや施肥の必要性が少なくても、最適な成長のためには適切なケアを行うことが重要です。

1日あたり約0.5〜2リットルの水と、25〜50%に希釈した従来の肥料を毎週施用する必要があります。そうすることで、十分な水分と栄養分を与えることができます。

ライトタイム管理

効率的な時間管理が鍵となります。による LED植物ライトのオン/オフ時間を調整する、芝生の光のプロセスを12〜16時間制御できます。

光への過度の曝露を避けるために、草の種類と繁殖期に基づいてこの期間を調整することが重要です。たとえば、種子の発芽には 16 時間、完全な開花には 12 時間かかります。

屋内で育てるのに最適な草

温度と湿度の管理

LED 植栽室で最適な草の成長を確保するには、温度範囲を 20 ~ 28°C、湿度範囲を 60 ~ 80% に維持することが重要です。

これを達成するには、換気扇や除湿機を使用して環境を調整することをお勧めします。

草期管理

草の成長の管理には、草の繁殖力の特性に基づいて、移植、収穫、再播種などのさまざまな作業が含まれます。

これらの措置は、作付け間隔を短縮し、全体の収量を増加させることを目的としています。各バッチの播種サイクルを 25 ~ 30 日に制御することで、より高い総収量を達成できます。

植え付けには浅い容器を使用してください

芝生を植えるときは、浅い容器を使用するのが最善です。

このタイプの鍋の深さは10〜15cmが適しています。浅い容器は、光の浸透と根の酸化を促進します。これらは両方とも健全な草の成長にとって重要です。

適切な植栽密度

適切な成長を確保するには、屋内芝生の適切な植栽密度と間隔を採用することが重要です。

通常、1平方メートルあたり36~64本の植物の密度が適切です。ただし、成長や光の吸収を妨げる可能性のある過密を避けることが重要です。最適な結果を得るには、植物の間隔を 10 ~ 15 cm にすることをお勧めします。

栽培スペースの合理的利用

植栽スペースを有効活用するには、広い土地を必要としないLED芝生植栽が必要です。使用率を最適化するには、 縦植えも活用できる 生産量を増やす手段として。

高収量の草の種子を選ぶ

クローバー、ライグラス、サンディーフェスクなどの牧草は、牛や羊に高品質の栄養を供給したいと考えている農家にとって、屋内で栽培するのに最適な牧草です。

これらの草は収量が高いことで知られており、家畜生産における全体的な成功を確実にするのに役立ちます。

育成ライトで草を育てることはできますか

草原を助けるために私たちに何ができるでしょうか?

アクス地域における草原資源の極度の不足は、ほんの一例にすぎません。

従来の放牧パターンでは、増加する動物の供給需要に対応することが困難となり、放牧の生産性がより大幅に制限されることになります。

私たちは、草地資源の更新を加速し、飼料の供給を改善するために、アクス地域の政府と牧畜民に LED プラントライト牧草技術が採用されることを願っています。

これを達成するために、政府は技術訓練やデモンストレーションを通じて、この技術と牧畜民の間での応用を促進する取り組みを強化すべきである。

さらに、より多くの牧畜民がこの先進的な草の植栽方法を採用することを奨励するために、財政補助金やその他の手段を通じてこの技術の使用コストを削減する必要があります。

草原資源の不足に対処し、持続可能な牧畜生産を促進するには、テクノロジーをより効果的に活用することが重要です。

LED 植物照明は、草原資源が限られている地域で牧畜開発を促進するための効率的かつ持続可能なアプローチを提供します。

これらのライトの使用はますます一般的になることが予想されており、私たちはこのソリューションを実装するために今すぐ行動する必要があります。

商用飼料システムをお探しですか? Auxgrow 以外に探す必要はありません。 最先端のテクノロジーを使用して、スペースを最適化し、植物を 3 次元で成長させるお手伝いをします。私たちの 信頼性の高いLED植物育成ライト 作物も確実に成長します。

AUXGROW のデジタル マーケティング マネージャーとして、Jayes は水耕栽培システムに対する情熱と LED 栽培ライトの専門知識を兼ね備えています。実践的な経験と深い理解を持つジェイズは、持続可能な栽培の世界を案内します。

この投稿を友達と共有する

最新の製品

温室用LED育成ライト
スマートLEDグローライトコントローラー
LED グローライト スマートコントローラー

おすすめ記事

ぜひご連絡ください!

このフォームに記入するには、ブラウザで JavaScript を有効にしてください。
名前
** あなたのプライバシーは保護されます

お問い合わせ

電子メール: sales@auxgrow.com
WhatsApp: +8618520350256
電話番号: +86-20-84785360
住所: 斉荘工業団地、
沙頭街橋興大道801号
広州番禺区

著作権©広州ヴァンテンテクノロジー株式会社すべての権利予約。

トップにスクロールします

Get Catalogue & Quote

このフォームに記入するには、ブラウザで JavaScript を有効にしてください。
** あなたのプライバシーは保護されます